不眠症なら病院行くな!?自宅でできる安眠対策

 

寝つきの悪さや眠りの浅さに頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。
中には病院を受診しようと考えている人もいるかもしれませんね。

 

ですが、眠れないのはストレスなどの精神的な要因が影響しているとため、
病院を受診して薬を処方してもらっても、根本的な解決には繋がりにくいと言えます。

 

そこでここでは自宅できる、快適な眠りにつくための対策をご紹介していきます。
どれも簡単にできる生活の中での対策です。早速取り入れてみましょう!

 

自宅でできる安眠対策 食事編

 

 

食事が睡眠に関係あるの?と思われるかもしれませんが、
実は質のいい睡眠を得るためにとても重要なものなんですよ。

 

トリプトファンの摂取

 

睡眠には“メラトニン”という眠りを誘うホルモンの分泌が不可欠になります。
そしてそのメラトニンを分泌させるには“セロトニン”というホルモンが必要なのです。
セロトニンは昼間に多く分泌されるホルモンで幸福感をもたらしたり、
心身を安定させる働きをしています。質のいい睡眠にはこのセロトニンの分泌が非常に重要になります。

 

このセロトニンを作り出す材料が“トリプトファン”という物質です。
トリプトファンはアミノ酸の一種で、食事から摂取出来るんですよ。
牛肉、豚肉、かつお、まぐろ、チーズなどのたんぱく質に多く含まれています。

 

またこれらをセロトニンとして使えるようにしてくれるのが
バナナ、プルーン、大豆製品などに含まれるビタミンB6や炭水化物です。
トリプトファンの摂取と合わせて積極的に食事に取り入れましょう。

 

決まった時間に食べる

 

3食決まった時間に食事をとることも質のいい睡眠を得るために効果的です。
体のリズムを整えて、眠りに大切なホルモンを正常に分泌させ、質のいい睡眠につきやすくします。

 

カフェインを避ける

 

コーヒーを飲んで気分がシャキッとする、頭が冴えるという経験をしたことがありませんか?
これはコーヒーや紅茶に含まれるカフェインに脳を覚醒させる作用があるためです。
そのため寝る前に飲むと脳が覚醒し眠りにつきづらくなります。
他にもコーラや玉露、栄養ドリンクにも多く入っている場合があるので注意が必要です。

 

寝る前のアルコールは適量に

 

「お酒を飲むとよく眠れる」という人は多いのでは?
これはアルコールに覚醒作用を抑えて眠気を誘う働きがあるためです。
適量であれば質のいい睡眠をとる良い方法と言えるでしょう。

 

ただし、飲み過ぎると眠りが浅くなってしまう場合があります。
またお酒は依存性が強いため、お酒を飲まないと眠れないなど、
かえって不眠を招く恐れがあります。アルコールの種類にもよりますが、
飲む場合はコップ1〜2杯程度を目安にしましょう。

 

 

自宅でできる安眠対策 運動編

 

 

夜すんなりと眠りにつきぐっすりと朝まで寝るためには、
脳や体をリラックスしている状態にすることが大切です。
適度な運動は精神を安定させて質のいい睡眠を促します。

 

ストレッチでリラックス

 

深い眠りにつくためには深部体温を下がった状態にすることが大切です。
深部体温とは肌の表面の温度ではなく、体の中心の温度のこと。
この深部体温を適度に上げることで、寝る頃に下がり眠りにつきやすくなります。
ストレッチは血行を良くして体を温めるほか、
リラックス効果もあるので安眠対策として非常におすすめな方法です。
ゆったりした動きのヨガなどもいいですね。

 

ハードな運動は控える

 

寝る直前の運動は神経を興奮状態にさせ睡眠を妨げてしまいます。
夜はストレッチのような軽い運動を心がけましょう。

 

昼間のウォーキングやランニングなどの適度な運動は体のリズムを整えるのでおすすめですよ。
ほどよい疲労感も溜まるので眠りにつきやすくなります。]
また有酸素運動はセロトニンの分泌を増やすことも分かっています。
ストレスの解消や気分転換にも最適です。

 

 

効果大!手軽に取り入れられる睡眠サプリ

 

睡眠薬は市販のものであっても頭痛やふらつきなどの副作用が起きやすいというデメリットがあります。
また眠気を引き起こす作用が強すぎて朝起きれないなどの症状も…。

 

その点睡眠サプリはそういった副作用も少なく安心して服用できます。
強制的に眠りにつかせるのではなく、上記でもご紹介したトリプトファンや
リラックス効果のあるGABAなどが配合されているため自然と質のいい睡眠へと導きます。

 

質のいい睡眠に大切なのは何と言っても心身の安定です。
それをサポートする成分を配合した睡眠サプリ、ぜひ寝る前の習慣にしてみてはいかがでしょうか。